ブロックチェーン企業Bitfuly(ビットフューリー)がライトニングネットワークの商用パッケージ発表

マイニングのハード機器でも有名なブロックチェーン総合企業Bitfuly(ビットフューリー)が、ライトニングネットワーク技術を簡単に導入できる商用パッケージを発表した。

今回発表された商用パッケージには、オープンソースでライトニングネットワーク対応のビットコインウォレット、ライトニングネットワークで支払いできる販売者用のハードウェア端末と決済ソフトウェア、ライトニングネットワークのノードが含まれている。

ライトニングネットワーク商用パッケージ
・ビットコインウォレット(ライトニングネットワーク対応)
・ハードウェア端末と決済ソフト
・ライトニングネットワークのノード

これらの商用パッケージはBitfury(ビットフューリー)のライトニングネットワーク専門の研究チーム「LIGHTNING PEACH」によって前面サポートされることもあわせて発表されている。

LIGHTNING PEACH公式ページより

 

ビットコイン決済の導入が広がるか

Bitcoinは1秒間処理できる件数に限界があり、送金時に時間がかかってしまう産まれながらのスケーラビリティ問題があった。スケーラビリティ問題の解決には数多くの提案がなされているがビットコインで期待されていたのが、決済時にオンチェーンと関係なく働くライトニングネットワーク技術だ。

今回発表された「LIGHTNING PEACH」が作成する商用パッケージには、世界中の小売販売業者がビットコイン決済の初期導入ハードルを下げるツールが含まれており、高速化されたビットコイン決済が世界の小売販売に浸透する可能性がある。

Bitfury CEOのValery Vavilov氏は公式発表で以下のように述べている。

ライトニングネットワークという技術は日々の生活においてビットコイン決済を可能にします。今回発表した商用パッケージを市場に提供することで、世界中の小売販売店にビットコイン決済が浸透するでしょう。またBitfuryは消費者や小売販売店へ向け最大のサポートを提供します。
Bitfury CEO、Valery Vavilov

Bitfuryとは

2009年に設立されたブロックチェーン全般の開発会社、約10年に及び技術開発をしてきたブロックチェーン老舗企業。東京をはじめ世界に10か所以上の拠点を持ち、700名以上のスタッフを抱えている。

Bitfury公式ホームページより

 
Bitfury Clarkeチップを搭載したマイニングハード機器が有名だが、ブロックチェーン導入を助けるソリューション「EXONUM」、犯罪防止に役立つ追跡支援ソフト「CRYSTAL」などソフトウェア開発も多岐に渡っている。

今月16日には音楽アーティストに適切な報酬分配を目指す「Bitfury Surround」プロジェクトを立ち上げており、音楽エンターテインメント業界にも進出している。

SurroundTM公式ページより

SurroundTM公式ページより

 

Close Menu