bitFlyer(ビットフライヤー)が延期していた証拠金取引に関する変更日時を発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2019年5月28日(火)午前4時00分頃~午前6時00分頃に行うメンテナンス中に「最大レバレッジ4倍」「追証発生基準を100%未満」「証拠金預入までの日数を2銀行営業日」を変更すると発表した。

現在、Lightning FX と Lightning Futures で最大15倍(レバレッジ15倍)の取引が可能となっているが、今回のメンテナンス中に、新規発注時の最大レバレッジ倍率を4倍に変更するとしている。なお、レバレッジ変更による追証・ロスカットは発生しない。

ただし、「追証発生基準の証拠金維持率を変更(80%から100%未満に変更)」や「追証発生後の証拠金預入日数を変更」による追証やロスカットには注意が必要と述べている。

また、最終的には2019年7月30日(水)以降は、新規注文だけでなく、4倍を超える全レバレッジ倍率も4倍に変更予定で、この時には追証やロスカットが発生するとしている。

bitFlyer(ビットフライヤー)は4月22日に今回の証拠金取引に関する変更を予定していたが、新システムに不具合が見つかったため延期していた。

参考:【重要】bitFlyer Lightningにおける証拠金取引のサービス内容変更のお知らせ(PDF)

Close Menu