仮想通貨取引所Bitfinexが6月26日にメンテナンスを実施予定、ビットコイン価格操作に警戒

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
仮想通貨取引所Bitfinexが6月26日にメンテナンスを実施予定、ビットコイン価格操作に警戒

世界最大手の仮想通貨取引所であり、テザー疑惑との関連性でたびたび話題となるBitfinex(ビットフィネックス)が21日、同交換所のBitfinexとEthfinexプラットフォームのアップグレードとそれに伴うメンテナンスを実施する旨の発表を行った。

6月26日水曜の実施を予定しており開始時間は発表されておらず、最大7時間のプラットフォームの完全オフラインが発生するメンテナンスになる。市場の取引状況やオフライン影響など不安定な動きな場合、延期も可能性として視野に入れ、実施は検討されているという。

iFinex取引プラットフォームをオフラインにする必要があり、その間はBitfinexとEthfinexの両トレード・注文実行・精算・交換・閲覧・アクセスの全てができなくなる。ユーザーはメンテナンスのための事前作業は特に必要とされていないが、プラットフォームのオープン再開と同時に未処理注文の実行・精算されるリスクもあり、メンテナンス実施日時にまたがれる注文などがある場合にその辺りは注意が必要となる。

今回のアップグレードでは、取引スペースの分離など、デリバティブ取引を開始するための基礎準備とされている。

アップグレード当日の詳細について、公式の進捗状況についてはBitfinexのステータスページもしくはTwitterアカウントでプラットフォームが再オープンする5分前にアナウンスが出される。
そして、再びアクセス可能になってから10分後に取引が再開できるようになる。

ビットフィネックスのメンテナンスは、過去に何度も不透明なビットコイン価格上昇が起きた事や、テザー(USDT)の発行総額とビットコイン価格上昇の関係性を疑われるなど、価格操作の悪い噂が絶えない。そういった市場心理への影響も考えられ、同取引所ユーザー以外にも警戒感が広がっている。

[参考:]
6月26日、BitfinexとEthfinexを最大7時間オフラインにする包括的なプラットフォームアップデート。(Bitfinex公式:英文)

Close Menu