ビットフィネックス(Bitfinex)がNY州政府当局のテザーに関する指摘に対して声明文

bitfinex tether

4月25日、ニューヨーク州の政府事務局は、仮想通貨取引所のビットフィネックス(Bitfinex)とステーブルコインを提供するテザー社に対し文書を発表し、テザー発行の裏付け資産8億5000万ドルを不正に利用していると発表した。

仮想通貨テザーは多くの発行額を持つステーブルコインの代表格だが、以前から裏付け資産については様々な疑惑が持たれていた。今回、政府当局から不正利用を明確に指摘された。

このニューヨーク州の政府事務局の発表により仮想通貨市場は大きく反応、4月上旬から上昇傾向にありビットコインは60万円台を回復していたが、この発表で60万円台をきり59万円台へ急落した。

ビットフィネックス(Bitfinex)が声明文を発表

このニューヨーク州の政府事務局からの発表を受け、仮想通貨取引所のビットフィネックス(Bitfinex)は当日中に反論する声明文を発表した。

本日、ニューヨーク政府事務局はBitfinexとTetherに対し、通知や聴取することなく差し止め命令を発表しました。この訴状は悪意を持って書かれており、Crypto Capitalでの8億5000万ドルの「損失」など虚偽報告であふれています。

このCrypto Capitalでの資産は損失したものではなく、実際には押収され保護されている資産です。私たちはこれらの資産を開放するために取り組んでいますが、残念なことにニューヨーク政府事務局は私たちの努力を阻害しているように思います。

BitfinexとTetherはすべての規制当局に協力しており、ニューヨークの政府事務局にも協力してきました。彼らは資産を解放する私たちの試みを支援すべきです。BitfinexとTetherは財政的に強固です。善良な市民や規制当局に協力的な企業に対し、このような姿勢を取る政府当局と戦っていきます。ニューヨーク政府事務局のあらゆる行動に対し、積極的に対応していきます。

参考1:ニューヨーク政府事務局からの発表
参考2:Bitfinex Respond to New York Attorney General’s Actions

Close Menu