ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash (BCH)の特徴をまとめて解説

  • 公開日:
  • 更新日:

2017年8月にビットコインからハードフォーク、分裂により生まれたコインです。

ビットコインの弱点だったブロックサイズ容量を1MBから8MBに増やし(2018年5月に32MBへ)、スケーラビリティ問題を一つ解決して進化したコイン、それがビットコインキャッシュです。


 

ビットコインからなぜ分裂して新たな通貨が生まれたのか。ビットコインの弱点、容量1MBとはどのようなものでしょうか。この分裂が起こった原因や経緯を見ていきましょう。

ブロックサイズ問題

ビットコインを語る上でどうしても欠かせない大きな問題点の一つ、それはスケーラビリティです。現在ビットコインは1秒間に5件ほどの処理能力を持っていますが、世界で取引が広がる中、その処理能力が足りなくなっているのが現状です。

ブロックチェーンは取引履歴が詰まったブロック状のデータを、鎖状につなげて共有することからブロックチェーン技術と呼ばれています。この一つのブロックはマイナー(ブロックの承認作業をする人)によって、一定の決まり(PoW)に従って承認され約10分に1ブロックずつ鎖につながれていきます。

この仕様上、1ブロックに詰め込むことができる容量が世界でビットコイン送金を処理できる総数に大きく関わってくるのです。2016年ごろから1ブロックに対する取引データ量が1MBを超えることが現実的になってきたことからブロックサイズの容量を増やそうという動きが出てきました。

ビットコインのブロックサイズは以下のサイトで見ることができます。世界的に注目を浴び始めた2017年はじめから1MBに達しようとしており、承認待ちになる送金データが増え始めたことが伺えます。

TradeBlok ブロックサイズアベレージより
https://tradeblock.com/bitcoin/historical

ビットコインから決別

このスケーラビリティ問題を解決するため当時から多くの意見やアイディアが提案され、採用に対してはさまざまな方向性の違いを生み出しました。その結果、一部データ容量を増やすべきとした一派が、ブロックサイズを8MBに増やしたビットコインからの派生コインを作り、ビットコインキャッシュとなったわけです。

分裂当時の仮想通貨ファンはかなりの混乱がありましたが、2018年現在ではビットコインから進化したビットコインキャッシュも時価総額で4位に君臨しています。

取り扱い通貨に厳しい米仮想通貨取引所CoinBaseもハードフォーク当時は取り扱わないとしていましたが、後日ビットコインキャッシュの上場を行っており、現在では日本の認可取引所はもちろん多くの取引所で取り扱っています。

将来性

ビットコイン派生コインは数多くありますが、その中でもビットコインキャッシュが一番の知名度、資産価値があります。当時ブロックサイズ増加を支持したコミュニティで現在のBitcoinABCがビットコインキャッシュを支え続けていることも評価されている一因です。

ビットコインが下落した際にビットコインキャッシュが上昇するケースも見られ、この動きは市場からビットコインの代替えの通貨として考えられている証拠です。投資家からも信頼されている仮想通貨です。

基本情報

発行日 2017年8月1日
承認時間 10分
発行上限 2100万枚
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
ホームページ https://www.bitcoincash.org/
開発/GitHub https://github.com/bitcoincashorg/
コミュニティ/フォーラム https://www.reddit.com/r/dogecoin/
エクスプローラー https://blockchair.com/bitcoin-cash/blocks
取引所 bitFlyer、BitTrade、bitbank、GMOコイン、Liquid、Zaif、Bitfinex、Coinbase Pro、Bitstamp、Coinsuper、Kraken、BTCCなど多数

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu