なぜビットコインペッグ通貨?取引所バイナンスが独自チェーン用にビットコインに価値が固定されたBTCB発行

17日、仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、ビットコイン(BTC)に価値を固定させた通貨BTCBの発行を発表した。法定通貨とのペッグ(価値固定)通貨なら利用用途もはっきりしているが、値動きの激しいビットコインペッグ通貨を発行した用途とは。

バイナンスDEXは独自チェーン

バイナンスの取引所は大きく分けて二つの取引所がある。

バイナンスが資産を集中管理した従来型の取引所Binance.comと、バイナンスが独自で開発したブロックチェーンであるバイナンスチェーン上にある分散型取引所バイナンスDEXだ。

Binance.comは資産をバイナンス側ですべて預かり、ユーザーのトレードはバイナンスの帳簿上だけで行う従来型の取引所だ。一方、分散型取引所バイナンスDEXは独自開発したブロックチェーン上で、個人同士がそれぞれ資産を管理しながら交換し合う構造になっている。

ブロックチェーンの仕組上、各通貨はそれぞれにブロックチェーンが存在しており、当然他のブロックチェーンとのつながりはない。そのためビットコインとイーサリアムを交換しようとしても、ブロックチェーンが異なるため簡単には行うことができない構造になっている。これはバイナンスの独自開発するバイナンスチェーンでも同様に難しく、取引所ではあるがビットコインなど主要通貨を簡単に取引できない現状となっている。

ビットコインペッグ通貨はDEXでの流動性を高めるため

そこでビットコインと同じ価値を持たせる仮想のビットコインを発行し、分散型取引所で流通させようとしている。ビットコインを保有しているユーザーがバイナンスDEXへ参加しやすくするためだ。この展開はビットコインに限らず、今後はイーサリアム、リップルなど主要通貨に広がる可能性がある。

今回発行されるビットコインペッグ通貨BTCBは預かっている資産を公開アドレスに蓄え、常に裏付け資産をユーザーに公開した状態で運用が行われる。法定通貨を担保とするステーブルコインでは既存の金融機関で資産保有するため、すぐに裏付け資産を公開できないが、保有するビットコインアドレスを公開することで、いつでもだれからでも裏付け資産を証明できる。また、BTCB/BTCペアはBinance.comでも上場され、0.1%の手数料ですぐに交換できる予定となっている。

資産が集中する矛盾

資産集中型のBinance.comから、分散型取引所であるバイナンスDEXでの取引へ移行を進めるのは、もともとバイナンスへ資産が集中してハッキングリスクが高まるのを抑える狙いがある。しかし、今回の発行は裏付け資産であるビットコインをバイナンスが管理するため、ユーザー資産を分散化した取引所に置いて根本的な矛盾が生じている。今回の発表でもその矛盾点について触れられており、資産が集中する手法だが流動性など投資家にとってメリットの方が大きいと確信していると発表している。

そして今後だが、十分なBTCBが流通した場合、アトミックスワップの方法も含めて開発を進めていると付け加えている。

アトミックスワップとは
取引所などの第三者を仲介せずに、異なるブロックチェーン上の通貨を交換する仕組みのこと。資産を一時的に固定し両者の合意が取れた場合だけ互いに送金する仕組みになっている。今回はビットコインとバイナンスチェーン上のBTCBを直接交換できる機能を開発していることが予想される。

BTCB発行概要

 裏付け資産保有アドレス:3LYJfcfHPXYJreMsASk2jkn69LWEYKzexb
 初期発行:9001BTCB(9001BTC入金)
 タイプ:BEP2(バイナンスチェーンの規格)
 エクスプローラー:https://explorer.binance.org/asset/BTCB-1DE

参考:Binance Blog/Introducing: Bitcoin-Pegged Token on Binance Chain

Close Menu