【市況5/31】仮想通貨相場は早朝に全面急落、ビットコインは一時8000ドル(88万円)に

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
【市況5/31金】ビットコインが朝方急落、一時87万円台に

(16:00 日本時間)

ビットコインは9000ドル(99万円)の年初来高値の到達ラインを示したのちその達成感からか利食い圧力により朝方6時ごろに急落、6時20分までのわずか20分で一時8000ドル(88万円)まで下げ、その後は乱高下しながらの戻りと再下落の利食いによる売買が緩やかに続く動きとなった。

そして14時過ぎに再度朝方の底値近辺に付くと反発の兆しを見せ取引高が急増、次の100万円上値を試す動きへの押し目買いを狙った買いが入っている。

アルトコインも同様に利食いが一斉に起き、昨日時点での上昇を一気に巻き戻す荒れた展開となっている。特に昨日の上昇における話題の中心となったビットコインキャッシュとビットコインSVはともに大幅な下げ幅を記録している。ビットコインSVの下落幅はマイナス16%ほどで昨日の急騰のうち3割ほど下げたに過ぎないが大口の売りもいくつか確認されており、今後のさらなる急落には注意したい。

今日のこの仮想通貨相場全面安による値下がりは、今朝までの達成感からの利食い行動で調整のひとつと市場の判断は一致しているが、利食い頻度のサイクルが短くなってきており底値下落までの時間が20分という短時間である事は改めて気に留めておきたい。

31日の東京株式市場は日経平均株価が3日続落、前日比341円34銭(1.63%)安の2万0601円19銭で取引を終えた。米トランプ大統領によるメキシコ追加関税や、中国の景況感指数の悪化、円高が進むなど投資家心理を冷やし先物も売りがかさむ展開となった。中国含む上海総合指数も下げて終了している。

今後の値動きだが、ニューヨーク市場はこの後でまだ分からないが、週末の株式市場の取引ができない時間に、取引が刺激されれば解放されたポジションの資金が仮想通貨へ流入する可能性もあり、土日にも動く為替や、溜まるニュースによる市場のマインド面での動きには十分注意したい。

(5/31 5:50~16:10 ビットコイン・チャート)※bitFlyer
5/31ビットコイン・チャート

(5/31 13:50~14:51 ビットコイン・チャート)
ビットコイン・チャート

(5/31 16:25 Cryptocurrencies)※coinmarketcap
仮想通貨相場 coinmarketcap

Close Menu