仮想通貨取引は危険、怖いと思っている人は何が怖いのかとその対策

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

仮想通貨をはじめてみたいけど危険、怖いと思っている人は少なくありません。

仮想通貨は投機目的のイメージが強く、投資の経験が全くないと、自分の資産がなくなってしまうのではないか、大損して自己破産になるかもしれないというイメージを持つかもしれません。また、昨年は、国内でも仮想通貨取引所2箇所がハッキング被害にあうなど、多くの人がネガティブなイメージを持っているのも事実です。

仮想通貨を危険、怖いと思う理由に、下記のようなものがあります。

1.取引所がハッキングにあうと資産がなくなる?
2.取引で資金がマイナスになるのではないか?
3.参入時期がもう遅い(これから価格があがることはない)?
4.ボラティリティが高い!

ここからは、仮想通貨は怖いと思っている人のために、上記の問題点について何が危ないのかとその対策を紹介します。

取引所がハッキングにあうと資産がなくなる?

取引所がハッキングされると、そこに口座を持っている人には下記のようなことがおきます。

  • 入出金の停止され、資金の移動ができなくなる
  • 仮想通貨の売買が停止される

そして、現時点では、国内取引所でも利用者から預かった仮想通貨を保全するための信託契約などは必須となっていないため、取引所がハッキング被害などで倒産すると資産がなくなる可能性があります

対策としては、できるだけ安全な取引所を選ぶか、自分で資産を管理するなどの方法があります。
>>>仮想通貨取引所を選ぶ時にチェックしておきたい安全性について

取引で資金がマイナスになるのではないか?

仮想通貨の取引には、現物取引、レバレッジ取引などの種類があります。

現物取引(※)であれば、資産がマイナスになることはありません。株の現物取引と同じく、最悪の場合でもゼロになるだけです。

(※)現物取引とは、購入した価格よりも、値段が上がった時に売却することで利益を得る取引です。

一方、大量の資金を使ってレバレッジ取引(※)を行うと、儲けも大きくなりますが、損失も大きくなります。

(※)レバレッジ取引とは、元手に対してレバレッジ(倍率)をかけることで、少ない元手でも大きな取引ができる方法です。また、ロング(買い)やショート(売り)のどちらからでも取引することができます。

ただし、仮想通貨取引所のレバレッジ取引において、一定の水準以上の損失がでると、損失の拡大を防ぐため、保有ポジション(※)を強制的に決済するロスカットルールというシステムがついています。これにより、基本的には現物取引と同じように、口座にある金額以上の損失がでないようになっています。しかし、例外が発生することも考えられ、レバレッジ取引を行う場合は、各取引所の説明をよく確認しておくことが大切です。

また、仮想通貨取引は、株と同じように自己責任です。自分の制御できる範囲で取引することが大切です。

(※)保有ポジションとは、レバレッジ取引で売り買いして自分が持っている仮想通貨のことです。

参入時期がもう遅い(これから価格はあがらない)?

現時点では、2017年後半のような高騰がすぐに起きるとは考えにくい状況です。
そのため、もし、現物取引だけを考えている場合は、注意が必要かもしれません。ただし、BakktやNASDAQのビットコイン先物取引参入などもあるため、全く可能性がないとも言い切れません。

逆に、レバレッジ取引であれば、ロング(買い)やショート(売り)のどちらからでも取引できるため、参入時期はあまり問題ではありません。

ボラティリティが高い!

仮想通貨は、高いボラティリティ(価格の変動が大きい)を持っています。

取引所によっては、サーキットブレーカー制度(※)を導入しているところもありますが、基本的には、株のようなストップ安やストップ高といったものがありません。どこまでも上がるし、どこまでも下がることになります。

(※)サーキットブレーカー制度とは、一定の時間内で、価格が急変した場合に取引を一時中断する機能です。現時点ではbitFlyerとLiquidが導入しています。
ただし、「一定の時間内」と「一時中断」というのがポイントで、時間がたてばサーキットブレーカーが発動する価格も変わり、一時中断も解除されます。
解除後は、再度上昇や下落が継続する可能性はあります。

そのため、利確や損切りを自分で決めて、必ず実行していく必要があります。
次にあげる株式相場の2つの格言がとても参考になります。

  • 「頭と尻尾はくれてやれ」
    大底で買って、天井で売るのが理想ですが、欲がでて売り損じや買い損じを招くのでほどほどにしておけという格言です。
  • 「見切り千両、損切り万両」
    損失を食い止めるのに 見切ることや損切りをすることは、重要で価値があるという売買に関する格言です。

大きく下げても、高いボラティリティのため、また戻ってくる可能性はありますが、昨年11月に起きたビットコインショックのように戻ってこない可能性もあります。

損失が大きくなるほど、心理的にも損切りが難しくなり、資金効率も悪くなります。多少の損失は覚悟しつつ、早めに損切りを実行することが高ボラティリティ対策の一つです。

そして、もう一つの対策は取引せずに様子見に徹することです。乱高下している相場に入らないことで、リスクを減らすことができます。

株取引と似ている部分もありますが、十分に成熟してる業界ではないためリスクがあり、それが危険、怖いというイメージにつながっています。それを踏まえて、自分でどれだけリスクを抑えることができるかが仮想通貨取引では重要です。

※掲載している情報や説明内容はあくまで参考としての情報提供で投資の推奨および勧誘を目的とするものではありません。掲載情報のご利用は十分ご注意の上、お客様の判断と責任のもとに行って下さい。

Close Menu