バイナンスがプロジェクト側からの要望に応え30の取引ペアを廃止

仮想通貨取引所の大手バイナンス(Binance)が30の取引ペアを上場廃止にすると発表した。この取り扱いの停止はバイナンス側が判断したものではなく、プロジェクト側からの要望により停止したことを発表した。

取り扱いを停止するペアはANKR/PAX、ANKR/TUSD、ANKR/USDC、BCPT/PAX、BCPT/TUSD、BCPT/USDC、BTT/BTC、DENT/BTC、DOGE/PAX、DOGE/USDC、ERD/PAX、ERD/USDC、FTM/PAX、FTM/TUSD、FUEL/ETH、GTO/PAX、GTO/TUSD、GTO/USDC、LUN/ETH、NCASH/BNB、NPXS/BTC、ONE/PAX、ONE/TUSD、PHB/PAX、PHB/USDC、TFUEL/PAX、TFUEL/TUSD、TFUEL/USDC、WAVES/PAX、WIN/BTCの計30ペアとなっている。

含まれているプロジェクト
 Ankr (ANKR)
 BlockMason Credit Protocol (BCPT)
 BitTorrent (BTT)
 Dent (DENT)
 Dogecoin (DOGE)
 Elrond (ERD)
 Fantom (FTM)
 Etherparty (FUEL)
 Gifto (GTO)
 Lunyr (LUN)
 Nucleus Vision (NCASH)
 Pundi X (NPXS)
 Harmony (ONE)
 Red Pulse Phoenix Binance (PHB)
 Theta Fuel (TFUEL)
 Waves (WAVES)

含まれているプロジェクトのすべてのペアが廃止しているわけではなく、一部のみ取り扱いが停止となっている。

参考:Binance / Notice of Removal of Trading Pairs

Close Menu