バイナンスが日本在住のユーザー向けにアナウンス発信|日本へ再進出か

仮想通貨取引所大手のバイナンス(Binance)が、日本居住のユーザーへ向けて日本語でのアナウンスを行った。バイナンスは2018年に金融庁からの警告を受け日本から撤退した経緯があり、それまではホームページでの日本語案内も行っていたが撤退以降は日本語翻訳さえも停止していた。

日本居住のユーザーへ向けられた案内は久しぶりということもあり、国内の仮想通貨関係者から大きな注目を浴びている。

バイナンスをご利用の日本居住のお客様へのご案内

いつもバイナンスをご愛顧いただきありがとうございます。

Binance.comは日本居住のユーザーへの段階的な取引機能の制限の実施を後日予定しております。制限の詳細は内容が決定してから追ってご連絡させていただきます。

なお、現段階では機能制限はされておらず、次の段階へと進むまでは通常通りすべてのサービスがご利用いただけます。もしもご不明な点やご意見等ございましたら弊社カスタマーサポートにお問合せください。

カスタマーサポートへのお問合せは弊社ウェブサイト画面右下の黄色いチャットボタンより、チャットにて承っております。
今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

「取引機能の制限」から予想されることとして、バイナンスUSへの設立への手順と米国ユーザーへの対応が参考になりそうだ。バイナンスが米国に正式に進出する際、一度米国居住のユーザーのバイナンス上の取引を停止した上で、あらためて米国規制にあったサービスのみを立ち上げ直した経緯がある。

日本へ進出する場合も同様に、日本の規制に合ったサービスだけを日本居住のユーザーへ提供する必要があり、この手順の第一フェーズではないかと予想されている。

また、バイナンスの人材募集欄は日本人向けの募集は皆無だが、昨年末から日本の弁護士のみ募集していた経緯もあり、日本への再進出へ向け少しづつ動いているのではないかと期待されていた。

参考: バイナンスをご利用の日本居住のお客様へのご案内

Close Menu