バイナンスが証拠金取引についての説明動画を公開|サービス提供は間近か

仮想通貨取引所の最大手Binance(バイナンス)が証拠金取引についての解説動画を5月27日に公開した。仮想通貨の教育プログラム「バイナンスアカデミー」内にて詳しい動画とテキストを発表した。

現在バイナンスでは証拠金取引は提供していないが、ユーザーからの要望に応え開発中となっている。5月初めの行われたライブ配信でも証拠金取引について以下のように発言し、リリース間近であることが予想されている。

バイナンスCEO CZ氏 (5月9日発言)
私たちは証拠金取引の準備を進めており、非常に近いうちにリリースできるよう取り組んでいます。最初は主要なクライアントから証拠金取引のサービスを提供し、機能を成熟させる予定です。すでに社内にてベータテストを行っておりバグ修正を行っています。

証拠金取引のメリット、デメリットを説明

バイナンスは今回の証拠金取引に関する説明動画の中で、以下のような特徴を挙げ、リスクが高い取引であると解説している。

証拠金取引の利点は大きな利益が得られることです。また比較的少量の投資資本で複数のポジションを持てるので分散化に役立ちます。

しかし、利益を増やせることと反対に損失を増やすという大きな欠点があります。そのため、高リスクの取引方法と見なされています。投資家は自身の適切なリスク管理を行い、ストップリミット注文などのリスク軽減ツールを利用することが重要です。

さらに仮想通貨は非常に高いボラティリティがあるため特に慎重になるべきで、初心者には適していません。

倍率やリリース日時は未確定

今回の発表では正確なサービス提供日時には触れられていないが、CZ氏の発言からトレード歴の長いユーザーから公開され、その後一般公開されることが予想されている。また倍率についても詳しく言及されたものはないが、上記のような解説から見ても大きな倍率は設定されないことが考えられる。

参考:Binance Academy / What is Margin Trading?

Close Menu