バイナンス、KYCリーク画像について現状の調査状況を発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

23日、バイナンスは8月7日に発覚した身元不明のハッカーによって公開されたKYC画像問題について、現在の調査状況を発表した。

最新の調査結果によると、リークされた画像の一部は、2017年12月~2018年2月に契約したサードパーティベンダーによって処理された画像と同じであると報告している。

リークされた画像の検証では、複数のフォトショップ加工やその他の変更された画像は、私たちのデータベースに登録されているKYC画像とは一致しなかった。
バイナンスでKYC処理した画像には、全て、隠し電子透かしを入れているが、リークされた画像すべてにそれはなかった。

今後については、潜在的な被害者を含め、プライバシー保護と賠償のための連絡を行い、個々の地域で、新しい身分証明書の発行依頼を強くすすめるとしている。

また、影響を受けるユーザーには、優先取引手数料、サポート、その他のサービスを含むバイナンス永久VIPメンバーシップを提供するとし、バイナンスカスタマーサポートセンターに質問や賠償について問い合わせすることを依頼している。

参考:binance

Close Menu