仮想通貨取引所バイナンスが、ビットコインキャッシュ分裂通貨の取引をスタート

  • 公開日:
  • 更新日:

仮想通貨業界においてここ数日最も話題となっていた「ビットコインキャッシュのハードフォーク」が16日未明に実行され、ビットコインキャッシュはBitcoin Cash ABC(BCHABC)とBitcoin Cash SV(BCHSV)という2つの通貨に分裂した。

各取引所がこのハードフォークに対する慎重な姿勢を見せる中、世界最大級取引所バイナンスが先ほど(日本時間16日17時)この2通貨の取引を開始した。なお、BCHABCとBCHSVともにビットコイン(BTC)とテザー(USDT)での取引ペアとなっている。

BCHABCとBCHSVの取引開始
出典:Binance

 
取引開始から30分が経過し、1BCHABC=280ドル~350ドル、1BCHSV=78ドル~152ドルの間でそれぞれ推移している模様。(2018年11月16日17時30分時点)

またバイナンスは既にビットコインキャッシュを所持していたユーザーに対して、1 ビットコインキャッシュ = 1 BCHABC と 1 ビットコインキャッシュ = 1 BCHSV の比率で配布を完了しており、何かと仕事が早い。

一方、国内の取引所はビットコインキャッシュ分裂通貨の取り扱いに関して未だ沈黙を保ったままだ。このバイナンスの対応が国内の取引所にどういった影響をもたらすのか。週明けには何かしらの発表、動きがあると思われ引き続きそちらも注目したい。

余談であるが、今回のハードフォークに対してバイナンスCEOのChangpeng Zhao氏はツイッターで以下のような反応を見せた。

「この馬鹿げたフォークをともに乗り越えよう。正直私はフォークが嫌いだ。」

 

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu