仮想通貨取引所バイナンスがポーランド、スウェーデン、タイ、オーストラリアと次々と法定通貨の取り扱いを開始

仮想通貨取引所の大手バイナンスは8日、オーストラリアドル(AUD)にて仮想通貨を購入できることを発表した。

これは世界の法定通貨を仮想通貨へ交換できるソリューションを提供しているBanxaとの提携により実現した。

法定通貨の取り扱いはこれだけではなく7日には、VISAクレジットカードを通じてポーランド・ズロチ(PLN)、スウェーデン・クローナ(SEK)の取り扱いを開始し、さらにタイの取引所のSatangと提携することによりタイ・バーツ(THB)の取り扱いを発表した。

バイナンスCEOのCZ氏はすべての通貨サポートを目指す

バイナンスのCEO、CZ氏は1月7日に新年のメッセージを発表しバイナンスのこれまでの成果と今後の目標を発表した。

その中で、既存の金融市場の99%が仮想通貨との関連がないとし、各国の法定通貨から仮想通貨への交換を取り扱うことが業界にとって非常に重要だとした。特にCZ氏は、現在バイナンスは約20通貨だが今後世界の180通貨すべてを取り扱うこと目標として発表している。

現在のサポート状況

 
年始に相次いで法定通貨を取り扱いを発表したが年始の目標からもわかるように、これに留まらず今後もさらに多くの法定通貨の取り扱いを開始することが予想される。

参考:
 ・Binance Enables Thai Baht Fiat Channel With Satang Integration
 ・Binance Adds GBP Faster Payments Service and Australian Dollar On-Ramp With Global Fiat Solution Banxa
 ・Binance Adds Polish Zloty (PLN) and Swedish Krona (SEK) Fiat Gateways

Close Menu