バイナンスがビーナス(Venus)を発表|新たなステーブルコインプロジェクトか

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が新たなステーブルコインプロジェクトであるビーナス(Venus)を発表した。

ホワイトペーパーのようなプロジェクトの詳細はまだ発表されておらず、情報としてはアナウンス1ページだけにとどまっているが、そのアナウンス文には世界中の法定通貨に価値が固定されたステーブルコインプロジェクトであることが発表されている。

バイナンスはこれまでに独自チェーンであるバイナンスチェーン上にて、ビットコインを取り扱い易くするためにBTCに価値が固定されたステーブルコインであるBTCBや、英ポンドに価値が固定されたステーブルコインであるBGBPなど様々なステーブルコインを発行してきた背景がある。

今回発表されたプロジェクト名は、各国の法定通貨に由来したものではなく、新たにビーナス(Venus)と名付けられていることから、フェイスブックのリブラ(Libra)のように、複数の法定通貨を含んだバスケット型のステーブルコインであることも予想されているが、現時点では公式からの詳細情報はない。

ステーブルコインは技術的にもすでに発行されている技術であり、今後クリアすべき問題は各国の規制当局や各国の中央銀行への認可が大きな部分を占めている。米国民の信頼を失っているフェイスブックより、他企業の方が反発も少ないのではないかとの声も多く、バイナンスが早々に声を上げたのかも知れない。

ビーナス(Venus)プロジェクトの詳細はついては分かり次第、追って解説をしていく。

参考:Binance Announces Open Blockchain Project ‘Venus’

Close Menu