ベーシックアテンショントークン/Basic Attention Token(BAT)の特徴をまとめて解説

  • 公開日:
  • 更新日:

米国の仮想通貨取引所として政府認定の元2015年から取引所を運営するコインベース。日本の認可取引所と同じくコイン上場にはかなりのハードルがありますが、今月予定されていた5候補の中からBasic Attention Tokenが上場しそのプロジェクト内容があらためて注目されています。

コインベースのこれまでの取り扱いコインはBitcoin、Ethereum、BitcoinCash、LiteCoin、EthereumClassicです。そして今後取り扱う予定の候補として挙がっていたのはCardano、Basic Attention Token、Stellar Lumens、Zcash、0xでした。この5候補の中でいち早く上場したのがBasic Attention Tokenです。


Basic Attention Tokenとは

元々Webブラウザを開発していたBrave Softwareが発表したプロジェクトで、2017年5月31日にICOが開始され一瞬で30億円以上の資金を集めたことでも有名になりました。これまで培ってきた技術力を活かしインターネット上の広告システムに焦点を当てたプロジェクトです。

現在のインターネット広告には個人情報搾取の問題、複雑なマッチングシステムによる表示遅延、バッテリー消費など数多くの問題点があるとホワイトペーパーにて訴えています。広告主、ブログやサイトを運営する出版社、そしてWebを閲覧するユーザー、この3者の関係を新たなものにしようと提案しています。

それを解決するのがBrave Softwareが提供するブラウザ「Brave」です。多くのプロジェクトではこういった成果物が予定通り陽の目を浴びることはなかなかありませんが、もともとブラウザ開発を行っていたプロジェクトだけあってすでに問題点の多くを問題を解決した独自ブラウザが発表されており、実際にインストールして使うこともできます。

ウェブブラウザ「Brave」のポイント

特徴1 既存の広告をブロック

現在のインターネット広告に多くの問題点があると指摘するBraveブラウザは既存広告のすべてをブロックする機能、そして閲覧者の履歴を監視するトラッカーをブロックする機能が備わっています。

これによりWebユーザーの個人情報は守られ自身の閲覧履歴を使ったWEB広告が一切表示されなくなります。

特徴2 高速

トラッカーやWEB広告がブロックされるためWebコンテンツの表示速度が格段にアップします。特に広告の多いサイトを閲覧するWebユーザーにとっては有益な機能です。

特徴3 独自の広告システム

ブラウザBraveではBasic Attention Tokenを使った新たな広告システムが搭載されています。その大きな特徴はWeb閲覧者にもBasic Attention Tokenが配布される仕組みになっていることです。

通常、広告主は多くのユーザー(閲覧数)を多く持っている出版者に広告掲載料を支払い、一般Web利用者に広告料金が払われることはほとんどありませんでした。Basic Attention Tokenでは広告を閲覧している利用者にも広告掲載料の一部を支払うことでインターネット広告システムに新たな手法を広めようとしています。

ネットサーフィンしているだけで報酬が入るなんて夢のようですが、現状もポイントサイトなどこういった手法がなかったわけではありません。ですが独自のブラウザ開発、そして仮想通貨を使った報酬支払いシステムを搭載することで普及させようとしているのです。

期待と不安

今回のように世界有数の取引所であるコインベースに上場することで、プロジェクトへの信頼度が増しこの広告システムが広く紹介され利用される可能性があります。ただ現状普及しているブラウザを見てみるとChrome、IEやEdgeなど、グーグル、マイクロソフトなどが熾烈なブラウザシェア争いをしています。こういった状況を見ると立ちはだかる壁が大きいことはすぐに想像できます。ここに最大の不安があると言ってもいいのではないでしょうか。

期待という面でもう一つあります。現在、法整備を進めている日本の認可取引所は米政府と距離の近いコインベースの取り扱い銘柄を参考にする場合も大いにあると考えられます。コインベースで取り扱いが開始し、順調にBATの取引高が増え、問題ないことが確認されれば日本の認可取引所での取り扱う可能性も出てくるのではないでしょうか。

コインベース上場で一皮むけた感のあるBasic Attention Token、ブラウザBraveの普及、認可取引所などでの上場の可能性も含め今後も注目してください。

基本情報

正式名 Basic Attention Token(BAT)
発行日 2017年5月
プラットフォーム イーサリアム
発行枚数 1,500,000,000 BAT
ホームページ https://basicattentiontoken.org/
ホワイトペーパー https://basicattentiontoken.org/BasicAttentionTokenWhitePaper-4.pdf
エクスプローラー https://etherscan.io/token/Bat
取引所 CoinBase、Binance、Upbit、Bittrex、Huobi、Poloniexなど他多数

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu