バックト(Bakkt)預かり資産に1億2500万ドル(約133億円)の保険

9月23日の先物取引の開始に備えているバックト(Bakkt)は、9日にツイート更新を行い、管理する資産に1億2500万ドル(約133億円)の保険がかけられていることを発表した。

23日の先物取引開始に向けビットコインの受け入れを6日から開始しており、今回の保険の発表は大口投資家により安心感を与えるためだと予想される。

バックト(Bakkt)とは世界有数の取引所運営グループであるインターコンチネンタルエクスチェンジ(Intercontinental Exchange/ICE)が運営する仮想通貨専門の先物取引所。米商品先物取引委員会(CFTC)などからの認可もすべて取得済で、あとは取引開始を待つばかりである。ビットコイン現物の取引が伴うため、仮想通貨市場に大きな影響を与えるのではないかと市場関係者が予想している。

Close Menu