Bakktサービスインは2019年1月24日へ延期

  • 公開日:
  • 更新日:

米大手取引所グループICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)が子会社として行うBakktは2018年12月12日サービスイン予定でしたが、2019年1月24日に延期することが正式発表されました。

機関投資家向けのサービスということでETF承認やFidelity Digital Assetsと共に仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすと期待されている一つのサービスが延期され、ビットコインキャッシュの混乱の中さらに市場へ悪影響ももたらすことが懸念されています。

ICEのJeffrey Sprecher(ICEのCEO)の妻でBakktのCEO、Kelly Loefflerは公式ブログにて延期した理由について情報公開しています。


Bakkt公式ブログより

サービス開始時期を延期する理由として挙げているのは「顧客のすべての注文に対応するため」「規制当局の承認を確保すること」です。サービスイン1日目からすべての要望に応えるためもう少し準備期間を設けるとしています。

延期理由

・顧客のすべての注文に対応するため
・規制当局の承認を確保すること

ただ悪い情報だけではありませんでした。ブログで公開されていたその他の情報についてもご紹介します。

追加された好材料も公開

・規制当局とは順調
サービス開始の延期はあるものの、CFTC(米商品先物取引委員会)との協調関係も良好であると強調しており、あくまで必要不可欠な準備期間であると記されています。

・カストディ業務に保険の準備も進む
Bakktの先物取引では実際にビットコイン現物を扱う予定となっていますが、そのビットコインのカストディ業務では保険の用意も進んでいると発表しています。

・BakktのCOOとしてAdam Whiteを迎える
Adam Whiteは米国有数の仮想通貨取引所CoinBaseの初期段階から参加していた重要人物です。5年以上貢献していたということで成長のすべてを見ている取引所のスペシャリストと言っていいのではないでしょうか。またCoinBaseでは機関投資家向けのサービスを担っていたということで、Bakktへの即戦力人材として伝えられています。

まとめ

仮想通貨市場が暴落している中追い打ちをかけるようなニュースですが、Bakktサービス提供自体は順調に準備が進んでいる印象です。市場の反応が限定的であることが望まれます。

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu