垣田ジュンジの記事一覧

仮想通貨投資も行い、公私共に100%仮想通貨に注いでいます。一人でも多くの方に正しい仮想通貨情報を広めるべく、公平な立場で情報収集するよう努めています。

記事一覧

米下院金融サービス委員会(U.S. HOUSE COMMITTEE ON FINANCIAL SERVICES)は24日にプレスリリースを発表し、ステーブルコイン「リブラ(Libra)」を発行するフェイスブックに対する公聴会を開催することを決めた。 フェイスブックが発行する仮想通貨「リブラ(Libr ・・続く

投稿日:2019年6月25日

全体の資産価値ランキングで現在11位に位置するカルダノ(Cardano/ADA)が、重要な開発フェーズである「シェリー(Shelly)」のテストネットの参加方法について発表した。カルダノフォーラムでは分散化ネットワークを構築するため広くテストネット参加者を募集している。 従来よりも優れたスマートコン ・・続く

投稿日:2019年6月24日

リップル社の送金ソリューション「xRapid」を使った国際送金サービス「センドフレンド(SendFriend)」がサービス開始したことを24日に発表した。 6月上旬にユーザー登録が開始されていたが、予定通りサービスが開始された。 We’re all excited for our launch, a ・・続く

投稿日:2019年6月24日

ビットコイン価格は6月21日0時付近から再び9320ドル(約100万円)を超え、11時現在その価格を維持し9,700ドル(約104万円)台を推移している。 2018年の仮想通貨市場全体の低迷に加え、ビットコインキャッシュのハードフォーク問題がさらに追い打ちをかけた影響で2019年初めのビットコイン価 ・・続く

投稿日:2019年6月21日

メッセージアプリ大手のライン(LINE)が仮想通貨交換業者に登録を済ませ、早ければ来月にも仮想通貨取引を開始するとブルームバーグが伝えた。 ラインはすでに海外を拠点に仮想通貨取引所を運営しているが、日本での営業は金融庁からの認可待ちとなっていた。また、ラインは独自の通貨LINKを発表しているが、その ・・続く

投稿日:2019年6月20日

18日に、米SNS大手のフェイスブック(Facebook)はステーブルコインの特徴を持つリブラ(libra)の発表を行った。また同時に仮想通貨リブラの運用や普及を専門に行う子会社カリブラ(calibra)の設立も発表された。 フェイスブックの子会社カリブラ(calibra)の役割 フェイスブックの子 ・・続く

投稿日:2019年6月20日

18日、米SNS大手のフェイスブック(Facebook)が仮想通貨リブラ(Libra)を2020年に発行することを正式発表したが、米民主党のMaxine Waters議員はリブラ(Libra)の開発を停止するよう求めたことが分かった。CNBCが伝えている。 フェイスブックが発行する仮想通貨リブラ(L ・・続く

投稿日:2019年6月19日

米SNS大手フェイスブック(Facebook)が発行を予定している仮想通貨は、USドルだけにペッグしたステーブルコインではなく、複数の法定通貨、そして複数の国債が裏付け資産とされたグローバルなステーブルコインだった。 以前からその詳細が注目されていたが、ホワイトペーパーを含む仕様が6月18日に発表さ ・・続く

投稿日:2019年6月18日

リクルートも出資することで注目を浴びているビットコイン決済アプリ「Breeze」が17日にiOS版もリリースすることを発表した。 ビットコイン決済アプリ「Breeze」は、ビットコインの高速処理技術ライトニングネットワークを使った少額決済用のスマホアプリだ。これまでアンドロイド用のOSを開発していた ・・続く

投稿日:2019年6月18日

17日、仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、ビットコイン(BTC)に価値を固定させた通貨BTCBの発行を発表した。法定通貨とのペッグ(価値固定)通貨なら利用用途もはっきりしているが、値動きの激しいビットコインペッグ通貨を発行した用途とは。 バイナンスDEXは独自チェーン バイナンスの取引所 ・・続く

投稿日:2019年6月18日

米仮想通貨取引所Poloniexの親会社で、ステーブルコインUSDコイン(USDC)発行でも知られているサークル社が、5年前からサービス提供していた支払いアプリ「Circle Pay」のサービス打ち切りを発表した。 同日にはコインベース(CoinBase)と共同で立ち上げているステーブルコインUSD ・・続く

投稿日:2019年6月14日

教育を受けやすい社会を目指したプロジェクトODEM(On-Demand Education Marketplace)は、カナダのカルガリーにある南アルバータ工科大学(Southern Alberta Institute of Technology / 以下SAIT)と提携しデジタル卒業証明書を発行す ・・続く

投稿日:2019年6月14日

ニューヨーク証券取引所などを有する取引所グループICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ/Intercontinental Exchange)が設立した仮想通貨取引の専門会社Bakkt(バックト)は、ユーザーの受け入れテストを7月22日から行うことを発表した。 @Bakkt may be a ・・続く

投稿日:2019年6月14日

世界的な決済大手のVISAは、ブロックチェーン技術を用いた国際送金サービス「Visa B2B Connect」を6月11日に正式発表した。 クレジットカードによる個人決済を主にサービス展開しているVISAだが、11日に発表された「Visa B2B Connect」は、カードベースではない企業間の国際 ・・続く

投稿日:2019年6月12日

米仮想通貨取引所のコインベース(coinbase)は、イギリスで発表していたVisaデビッドカード「Coinbase Card(コインベースカード)」のサービス範囲をヨーロッパ6ヵ国へ拡大したとCNBCが伝えた。 利用可能になった国はイギリスに加え、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア、アイルランド ・・続く

投稿日:2019年6月12日

仮想通貨取引所のLiquid by Quoineが、メッセージアプリ大手のテレグラム(Telegram)が開発しているテレグラムオープンネットワーク(Telegram Open Network/TON)のネイティブトークンであるGramの独占販売を行うことを発表した。 Gramトークンは取引所Liq ・・続く

投稿日:2019年6月12日

米国の証券取引所であるナスダック(Nasdaq)は仮想通貨データ専門のクリプトコンペア(CryptoCompare)と提携したことを発表した。 クリプトコンペアは世界中の仮想通貨とその取引データを集計しており、その仮想通貨データをナスダックが持つ金融データベースQUANDLの一部として提供する。 Q ・・続く

投稿日:2019年6月11日

仮想通貨取引所の最大手Binance(バイナンス)が証拠金取引の先行受付を開始した。公式ツイッターにてBinance Coin (BNB)ホルダー向けに先行受付用の申し込みフォームを公開した。 Are you a $BNB #HODLer? Want to get your hands on #Bi ・・続く

投稿日:2019年6月11日

仮想通貨を手に入れた時に誰もがぶつかるコインの保管問題。これだけ取引所のハッキング事件が多発していますので、取引所に預けたままではなく自身の手元でしっかり管理することが基本です。そこで日本でも手に入る便利なハードウェアウォレットをご紹介します。 目次 ハードウェアウォレットの基本機能 どうなったら盗 ・・続く

投稿日:2019年6月11日

ポルトガルサッカーのビック3の一角、強豪ベンフィカがチケットやグッズ販売に仮想通貨決済を採用したことが発表された。仮想通貨決済専門の開発会社UTRUSTがベンフィカに正式採用されたことを6月5日プレスリリースにて発表した。 ポルトガルの首都リスボンに本拠地を構え100年以上の歴史を持つサッカーチーム ・・続く

投稿日:2019年6月7日
Close Menu