ICHIの記事一覧

眠らない街、東京で働く。コインチェック、ザイフと渡り歩いてきた取引所はことごとくハッキングにあっているが、仮想通貨(ブロックチェーン)への期待は捨てられずにいる。寝起きはイーサ。

記事一覧

イーサリアム(Ethereum)がPoWの一部をPoSに切り替え予定、GMOインターネットがマイニング特別損失計上、ビットメイン(Bitmain)が従業員を50%解雇など、PoWを巡るマイニングにかげりが見えてきています。 PoWのデメリットは、主に、電気料金とマイニングマシンコストです。マイニング ・・続く

投稿日:2019年2月15日

ブロックチェーンベースのPOS端末の開発を行っているPundi X(プンディーエックス)が、f(x)コインの分配についての詳細を公式ブログで発表しています。 ※f(x)とFunction Xは同じ意味です。 f(x)のTGEでは、合計378,604,524のトークンが供給される予定です。 TGE(ト ・・続く

投稿日:2019年2月13日

MyEtherWalletが新しくなったインターフェースの「MEW V5」を公開しました。 新しいインターフェースでは、配色、ボタン、フォント、アイコンなどを大幅に改善し、ユーザーが直感的に操作しやすいように変更が加えられています。 「新しいウォレット作成」や「既存のウォレットへのアクセス」の区別も ・・続く

投稿日:2019年2月12日

dapp.reviewのデータによると、1月前半のトロンのDAU(デイリー・アクティブ・ユーザー)は、イーサリアムと同じくらいしかありませんでした。しかし着実に成長し、イオスのDAUにせまっています(イオス:80,622、トロン:61,216、イーサリアム:10,708)。 実際に、DappRada ・・続く

投稿日:2019年2月8日

2月6日、NEM財団は、資金援助に向けた提案を発表しました。2019年2月20日から2020年2月20日までの運用で、210,000,000 XEM(約8億6,100万円)の予算を提案しました。 資金援助要請が承認された場合、NEM財団は、プロダクト、収益、コミュニティを中心とした組織に再編されると ・・続く

投稿日:2019年2月7日

Holo(ホロ)は、Holochainアプリ(hApps)用の分散型P2Pホスティングプラットフォームです。HoloもHolochainを使って構築されています。 ユーザーのコンピューターで利用していない容量を使ってホスティングサービスができるというもので、利用していない空き部屋情報サービス「Air ・・続く

投稿日:2019年2月7日

Binance Launchpad(バイナンスローンチパッド)が、次のプロダクトであるFetch.AIのトークンセール日時を発表しました。 開始時間は、2019/02/25 14:00(UTC)となっており、日本時間の2019/02/25 23:00です。今回は、バイナンストークン(BNB)のみのセ ・・続く

投稿日:2019年2月4日

Pundi Xは、仮想通貨による支払いを簡単にするPOS端末やソフトウェアを開発するプロジェクトです。 2017年10月にプライベートセール、2018年1月にICOパブリックセールが行われ、合計30億円以上の資金調達に成功しています。 主な製品 Pundi Xの主な製品は、XPOS、XWalletで ・・続く

投稿日:2019年1月31日

今日の日本時間0時にBinance Launchpad(バイナンスローンチパッド)でBTTトークンセールが行われました。 その結果について、バイナンスCEOのCZ氏は、下記のようにツイートしました。 両セッション(トロン/TRX、バイナンストークン/BNB)が終了した。システム問題で約18秒要したも ・・続く

投稿日:2019年1月29日

先週は低いボラティリティーで推移していた仮想通貨市場ですが、今朝から大きく下落しました。 Coinmarketcapによると、ビットコイン(BTC)が一時3.5%以上下落し、今年の最安値を更新しました。また、ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラ(XLM)が10%以上下落し、イーサリアムも1万のボ ・・続く

投稿日:2019年1月28日

Cboe BZX Exchangeは、VanEckとSolidXがサポートする「ビットコインETF」の申請を取り下げました。 VanEckのデジタル資産ストラテジストのGabor Gurbacs氏も下記のようにツイートしました。 ビットコインETFの申請を一時的に取り下げました。規制当局や主要な市場 ・・続く

投稿日:2019年1月24日

仮想通貨をはじめてみたいけど危険、怖いと思っている人は少なくありません。 仮想通貨は投機目的のイメージが強く、投資の経験が全くないと、自分の資産がなくなってしまうのではないか、大損して自己破産になるかもしれないというイメージを持つかもしれません。また、昨年は、国内でも仮想通貨取引所2箇所がハッキング ・・続く

投稿日:2019年1月23日

いつハッキングされるか分からない取引所で、びくびくしながらトレードするより、できるだけ安全な取引所トレードできるのが理想です。国内取引所の安全性について、いくつかの視点で調べてみました。 仮想通貨交換業者の登録 国内取引所で、安全な取引所の基準は、まず「仮想通貨交換業者」に登録しているかどうかです。 ・・続く

投稿日:2019年1月22日

BitTorrent Foundationは、トロン(TRX)ホルダーへBTTトークンのエアドロップを行うと発表しました。 最初のエアドロップは、2019年2月11日に行われ、TRONのBlock Height(ブロックの高さ)が660万に達した時にスナップショット(※)を取得し、このスナップショッ ・・続く

投稿日:2019年1月21日

Binance Launchpad(バイナンス・ローンチパッド)は、トークンのクラウドファンディングプラットフォームで、毎月新しいトークンを1つ発表していきます。 主な目的は、ブロックチェーンプロジェクトの資金調達先の確保やリーチ拡大で、約1000万人以上いるバイナンスユーザーにプロジェクトのトーク ・・続く

投稿日:2019年1月18日

Coinmarketcapで見ると、11月のビットコインクリプトショックまでの半年間、LINKトークンはその価値を着実に上げていました。記事執筆時、価格は下落していますが、初期価格からは約3倍の価格になっており、上場時の初期価格を大きく下回るようなことも起きていません。 ・LINKトークンは、Cha ・・続く

投稿日:2019年1月17日
2018年主な仮想通貨ハッキング事件まとめ

2018年、下半期に起こった主な仮想通貨ハッキング事件をピックアップしました。 分散型取引所「Bancor(バンコール)」 ・2018年7月9日 ・分散型取引所「Bancor(バンコール)」がハッキングの被害にあう。 ・被害総額は、約25億円規模 ・原因は、スマートコントラクトをアップデートするため ・・続く

投稿日:2019年1月17日
用語集

RBF(Replace By Fee)とは、誤まった情報を送信してしまっても、トランザクションがブロックに取り込まれる前であれば、先に送信した手数料よりも高い手数料を支払うことで情報の上書きができる機能のこと。 ネットワーク混雑時など、トランザクションが中々承認されない時に、手数料を高くすることで詰 ・・続く

投稿日:2019年1月17日

CAC(Cyberspace Administration of China/中国サイバースペースアドミニストレーション)は、10日に新しいブロックチェーン情報サービスに関する規制を発表しました。 昨年10月には草案が公開され、一般の人からのフィードバックを受け付けていました。新しい規制は、2019 ・・続く

投稿日:2019年1月11日

bitbank Trade(ビットバンクトレード)が2019年3月31日をもってサービスを終了すると発表しました。 bitbank Tradeは、ビットバンク株式会社が運営するレバレッジ取引に特化したサービスです。香港のOKCoin(現OKEX)に取り次いで行う取引で、国内初の証拠BTC取引サービス ・・続く

投稿日:2019年1月10日
Close Menu