スペインサッカー強豪のアトレティコ・マドリードが仮想通貨チリーズ(Chiliz /CHZ)と提携

ヨーロッパのサッカー強豪チームにデジタル通貨ソリューションを提供しているプロジェクト「チリーズ(chiliz)」が、あらたにアトレティコ・マドリードと提携したことを発表した。

アトレティコ・マドリードはスペインサッカーでバルセロナに次ぐ人気の高さを誇っている強豪チーム。同チームは熱狂的なサポーターがいることでも知られており、そのサポーター数では世界的に見ても10位以内に食い込むビッグクラブである。

仮想通貨サービスのチリーズは、アトレティコ・マドリード専用のファントークンを発行する予定となっており、そのトークンを通じて投票機能や、即時少額決済、プリペイドギフトカード機能などを提供する。

チリーズはアトレティコ・マドリードの他、すでにパリサンジェルマン、ユベントス、ウエストハム、ASローマに仮想通貨ソリューションを提供しており、サッカーサポーターに着々とチリーズの仮想通貨サービスを普及させている。

バイナンスも出資、遂に上場も実現

バイナンスのCZ氏は、ブロックチェーン技術の普及には、世界で35憶人サポーターがいると言われるサッカーのような人気スポーツでの実用例が進むことが重要だと発言しており、チリーズへの出資を始め以前から熱心に提携を行っている。そしてこの発表前日9月6日に、Chiliz /CHZはバイナンスへの上場も実現している。

バイナンスからのバックアップを受け、ビッグクラブを次々に取り込みながらサッカー業界に実用例を作っているチリーズ。ヨーロッパサッカーファンの間で、ファントークンが普及するのか今後も注目される点となっている。

参考:ATLE?TICO DE MADRID BECOMES THE FIRST SPANISH FOOTBALL CLUB TO JOIN BLOCKCHAIN PLATFORM SOCIOS.COM

Close Menu