日本の祭りをキャッシュレスで楽しむ催しが浅草六区ブロードウェイで本日より開催

asakusa

日本随一の興行街だった浅草六区復活を目指す「一般社団法人浅草六区エリアマネジメント協会」は、25日から浅草六区ブロードウェイで行われる「桐生八木節まつり in 浅草」にあわせてキャッシュレスイベント「TOMODACHI STREET」(トモダチ ストリート)の実施を発表した。

桐生八木節まつり in 浅草
桐生八木節まつり in 浅草

発表では「桐生八木節まつり in 浅草」の盛り上げと、浅草に訪れる訪日外国人観光客の不満解消および浅草六区でのナイトライフ充実対策として実施する。
「トモダチ ストリート」は毎週末の金・土・日曜日および、祝日の11時~21時までの時間、浅草六区ブロードウェイをオープンカフェ化し、そこに多言語対応とキャッシュレス決済が可能なモバイルセルフオーダーシステム「Putmenu」(プットメニュー)を導入したキッチンカーを最大約19台出店させる。12月以降は、浅草六区ブロードウェイ上にパラソルと翻訳機が置かれたテーブルを設置し、国際交流を促すとしている。

「TOMODACHI STREET」プレスリリース画像
「TOMODACHI STREET」プレスリリース画像

プットメニュー

翻訳機能を有する専用タブレットと、導入店舗のメニューの自動翻訳表示機能と支払い時の会計処理が行える来店者側アプリからなるオーダーシステムである。対応言語は日本語を含めた12言語に対応している。対応しているキャッシュレス決済は「ソフトバンクまとめて支払い」、「ドコモケータイ払い」、「auかんたん決済」、「ALIPAY」、「LINE Pay」、「PayPal」、「Apple Pay」に対応している。

putmenu
Putmenu

[参考]
国家戦略特区認定の浅草六区が新プロジェクト「浅草六区 – Connect with the world -」をスタート
(PDF)プットメニュー株式会社「温泉総選挙2019」、一社)浅草六区エリアマネジメント協会との連携で、国家戦略特区認定を受けた“浅草六区ブロードウェイ”にて実施される“TOMODACHI STREET”出店全店舗にPutmenuⓇを導入
プットメニュー

Close Menu