AnypayグローバルがSMS送金のCoinTextと提携し送金からスムーズな現金化が実現

仮想通貨の支払いシステムを開発するAnypayグローバルと、携帯電話のショートメッセージサービスで仮想通貨を送金できるCoinTextが提携したことを発表した。プレスリリースの発表に合わせ、携帯電話から送金し店舗で現金化までの紹介動画も公開した。

Anypayグローバルはスマートフォンを用いた少額決済用のソリューションを提供しており、店舗用のPOSアプリも無料で提供している。今回の店舗での現金化はこのPOSアプリケーションを通じて行われ、受金者が現地店舗にて手続きすることにより現金化を実現している。

このソリューションの背景には、発展途上国へ向け海外からの送金が非常に多く、現在は送金するためには非常に手数料の高いサービスを使わざるを得ない現状がある。今回実現した手法では、携帯電話のショートメッセージサービスで仮想通貨を送信することにより手数料を低く抑えて送金を行い、AnypayのPOSアプリケーションを使う現地店舗へ持ち込むことにより現金化を実現している。この送金方法では現地の銀行口座を持たない受信者でも利用でき、対象となる利用者が大幅に広がることが予想されている。

CoinTextの創設者Vin Armani氏は次のように述べている。

Vin Armani氏
国際送金はビットコインの使い道の主要な一つです。今までは、「昔の国」の村に住んでいる祖母が、使い勝手のいい受け取り方法はありませんでした。

CoinTextのサービスでは、42カ国の携帯電話番号またはBCHアドレスにBitcoin Cash(BCH)を直接送信できるが、これまで途上国で送金を受けた人々が現金化する手法がほとんどなかった。今回AnypayのPOSアプリケーションを採用する世界中の店舗で、仮想通貨から現金化でき、利用者は仮想通貨ウォレットや取引所での換金は全く必要ない。

参考:AnyPay and CoinText Debut Simple Global Remittance Platform for Independent Merchants

関連ワード:AnypayPOS国際送金
Close Menu