BakktがNYDFSから認可受けカストディサービスを公開|Pantera Capital、Galaxy Digitalなどが利用

世界有数の取引所運営グループであるインターコンチネンタルエクスチェンジ(Intercontinental Exchange/ICE)が運営するバックト(Bakkt)は、先物取引を契約をしているユーザー専用に提供していたカストディ(保管)サービスを、すべての機関投資家向けに公開したことを発表した。

バックトのカストディサービス「Bakkt Warehouse」がニューヨーク金融サービス局(NYDFS)から、すべての機関投資家に提供するための認可が下りたため公開した。

また、この「Bakkt Warehouse」はPantera Capital、Galaxy Digital、Tagomiなどの仮想通貨ファンドや仮想通貨サービスからカストディアンとして選ばれたと発表している。

カストディ施設、運用

今回発表された中で、バックトカストディは第三者が提供するクラウドサービスではなく、地理的に分散された自社内に設けたデータセンターを用いていることや、生体認証で管理された銀行グレードの金庫やセキュリティを兼ね備えている特徴を紹介した。

また24時間施設を監視していることや、資産移動には複数の署名が必要なこと、内部犯行や災害復旧にも対応しているとした。

参考:Raising the Bar: Announcing Bakkt Institutional Custody

Close Menu