スイス証券取引所(SIX)にバイナンスコインのみを対象とした上場金融商品(ETP)が登場

スイス最大の証券取引所であるスイス証券取引所(SIX)は、仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が発行するバイナンスコイン(BNB)を投資対象とする上場金融商品(ETP)を上場させた。

スイス証券取引所(SIX)はすでに仮想通貨を対象とするETPを多数取り扱っており、仮想通貨専門の上場金融商品(ETP)としては9本目にあたる。ただ、通貨単独のETPはビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュだけとなっており、ライトコインやEOSなどの主要通貨よりも先にバイナンスコインのみの金融商品が実現した。

ETPとは
Exchange Traded Productsの略で上場され取引し易く設計された金融商品のこと。上場投資信託であるETFや、上場投資証券であるETNなどのことを含めて総じてETPと呼ぶ。

スイス証券取引所(SIX)に上場するETPを手掛けているのは、同じくスイスを拠点にするスタートアップ企業のAmun AG社である。今回のBNBのETPも、バイナンスとこのAmun AG社との提携によって実現した。

Amun AG社が手掛けるETPラインナップ

Amun Binance BNB (ABNB) ETP ※新たに上場
Amun Bitcoin (ABTC) ETP
Amun Ethereum (AETH) ETP
Amun Ripple XRP (AXRP) ETP
Amun Bitcoin Cash (ABCH) ETP
Amun Bitcoin Suisse Index ETP
 (ビットコインとイーサリアムを投資対象)
Amun Bitwise Select 10 Large Cap Crypto Index ETP
 (ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、EOS、ステラ、カルダノ、イーサリアムクラシック、NEOを投資対象)
Amun Crypto Basket Index ETP
 (ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュを投資対象)

バイナンスCZ氏もコメントを発表

ETP実現にあたってバイナンスCEOのCZことChangpeng Zhao氏もコメントを発表した。

バイナンス、CZ氏
Amun社との提携により、独自の構造を持った新しい資産クラスであるBNB ETPを提供することができました。これは従来の金融市場を介したアクセスしやすく最も信頼性の高い金融商品です。これにより既存の投資家は多様なポートフォリオを持つことが出来るようになり、革新的な仮想通貨市場に参入することが出来ます。

またAmun社のCEOであるHany Rashwan氏も以下のように述べた。

Amun社CEO、Hany Rashwan氏
2017年に設立されたバイナンスが今日の主導的な地位に至るまでの急成長は目を見張るものがありました。

世界最大の仮想通貨取引所と提携し、規制に準拠したスイス取引所で安全で費用対効果の高い金融商品の実現により、機関投資家や個人投資家がネイティブトークンにアクセスできるようになりました。

スイス証券取引所(SIX)とは

スイス証券取引所では、将来すべての価値の移転がデジタルトークンで行われること予想しており、デジタル版の証券取引所であるシックスデジタルエクスチェンジ(SIX Digital Exchange/以下SDX)の設立も発表している。

また、各国中央銀行が加盟する国際決済銀行(BIS)はデジタル通貨発行の検証を行っているが、この検証作業はスイス証券取引所(SIX)の協力のもと行われている。

参考:
World First: Amun and Binance Launch first BNB ETP on Swiss Stock Exchange (Ticker: ABNB)
SIX Amun Binance BNB ETP

Close Menu