RFIDとNFC技術を使って認証作業などを簡単にする「BioCrypt Technologies」の仮想通貨エアドロップ(AirDrop)参加方法

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI
BioCrypt Technologies仮想通貨エアドロップ参加方法

BioCrypt Technologiesは、RFID(radio frequency identification/無線を用いた自動認識技術の一種)とNFC(near field communication/近距離無線通信)技術をBlockchainと組み合わせて使用して、認証や検証を容易にしたり、サプライチェーン管理、アイテム追跡などに利用できるようにするプロジェクトです。

エアドロップでもらえるBIOトークンは、ラウンドによって異なります。
ラウンド1では、71,428,571が配布される予定で、DRGN(DDSS付き)トークンを持っているユーザーは、DDSSに応じてボーナスが付きます。ラウンド2、3では、配布されたBIOトークンによって、ボーナスが変わってくるようです。
ラウンド1は、8月15日から9月15日まで。ラウンド2は、10月15日から11月15日、ラウンド3は、12月15日から1月15日となっています。現在は、ラウンド1が開催中です。

DRGN(DDSS付き)などを持っていなくても参加可能なので、もっていない前提で参加の仕方を解説します。

参加に必要な準備

今回、必要なのが下記の項目です。
1.テレグラムアカウント
2.ツイッターアカウント
3.Discordアカウント
4.ERC20対応ウォレットアドレス

BioCrypt Technologiesエアドロップ参加手順

指定SNSを参加&フォロー
1.テレグラムに参加。
2.Discordに参加。
3.ツイッターをフォロー。

指定SNSを参加&フォロー
上記の参加とフォローが完了したら、BioCrypt Technologiesエアドロップページへ移動してフォームを入力します。
「E-Mail Address」には、自分のメールアドレス。
「Telegram Username」には、テレグラムのUsername(@から始まるUsername)。
「AirDrop Wallet Address (ERC20)」には、メタマスクなどのERC20対応ウォレットアドレス(0xから始まるアドレス)。
「DRGN ERC20 Wallet」には、上と同じアドレスを入力(DRGNをもっていれば、それをもっているERC20対応ウォレットアドレスを入力)。

「ロボってではありません」にチェックを入れて、「Submit Now」をクリックして成功すれば、BioCrypt Technologiesエアドロップ参加完了です。

Close Menu