【2019年重要ワード】ステーブルコインは浸透するか

現在、様々なプロジェクトでステーブルコインが開発されています。

現在の仮想通貨は値動きの乱高下が激しく一般的な決済に向いていないと言えます。金融庁研究会でも議論を重ねた結果、仮想”通貨”ではなく、暗号”資産”という提言が出ました。通貨としての用途や意味合いはないと判断されてしまったということです。

ただそれでも開発プロジェクトは止まっていません。一般決済に使われる通貨、すなわち法定通貨に価値が固定されたステーブルコインが本来の通貨としての役割を果たすはずとして各地で開発が行われています。

ブロックチェーン技術の進化は目覚ましいものがあります。スケーラビリティ問題にも対応したステーブルコインの登場は時間の問題のように感じられます。そしてそれが一般社会に広まった時、仮想通貨が初めて通貨として再評価される時が来るのではないでしょうか。

金融庁もステーブルコインが社会に浸透すれば暗号”資産”ではなく暗号”通貨”と呼ばざるを得ないでしょう。

ステーブルコインまとめ

それではこれまでに発行されているステーブルコインの状況をまとめました。
※以下の発行金額はすべてCoinMarketCapから参照した概算値です。

テザー/Tether(USDT)
18億ドル、日本円にして約2000億円分が発行されているステーブルコイン最大手。担保に関する疑惑も多い。(FINTIDE:揺れるテザーと疑惑の行く末

ユーエスディーコイン/USD Coin(USDC)
仮想通貨の決済会社Circle(サークル)とCoinBaseが会員として参加する、仮想通貨の共同事業団体Centreが発行するドルペッグ通貨。2億3000万ドル発行されているステーブルコインの大本命。(FINTIDE:ユーエスディーコイン/USD Coin(USDC)の特徴をまとめて解説

トゥルーユーエスディー/TrueUSD(TUSD)
2億1000万ドル発行されているステーブルコイン。1社ではなく複数の金融機関が発行を担保していることが特徴。

パクソス/Paxos Standard Token (PAX)
1億5000万ドル発行されているステーブルコイン。ニューヨーク州金融サービス局に登録されたPaxos Trust社が発行している。監査会社Withumが定期的に担保チェックし信頼度も高い。(FINTIDE:取引所大手Binance、ステーブルコインPAXの手数料無料キャンペーン

ジェミナイ/Gemini Dollar (GUSD)
取引所やETF申請でも有名なウィンクルボス兄弟が発行するステーブルコイン。8800万ドル分が発行されている。(FINTIDE:ジェミニドル/Gemini Dollar(GUSD)の特徴をまとめて解説

ダイ/Dai(DAI)
発行主体がなくイーサリアム上のスマートコントラクトで担保を確保することで発行されるステーブルコイン。Makerから自動で発行する仕組み「Maker」が画期的で注目されています。6800万ドル分発行。(FINTIDE:メイカー/Maker(MKR)の特徴をまとめて解説

CK USD (CKUSD)
カナダ証券取引所に上場しているCascadiaが発行しているステーブルコイン。130万ドル分の発行が確認できる。

ホワイトスタンダード/White Standard (WSD)
43万ドル発行するステラ/Stellarをベースにしたステーブルコイン。ロンドンやニューヨークの拠点を置くTHE WHITE CAMPANYが発行している。

Alchemint Standards
MakerのDaiと同様、NEOプラットフォーム上でスマートコントラクトにより自動発行されるステーブルコイン。12月26日にNEOメインネットにリリースされたばかり。

ストロングホールド/Stronghold USD(USDS)
米IBMも共同研究して発行しているステーブルコイン。ステラ/Stellarをベースに開発されている。こちらも発行されたばかりで大手取引所での取り扱いはまだない。(FINTIDE:Stronghold USD、ペッグ通貨とテザーの今後

sUSD (SUSD)
Synthetixから110万ドル発行されているステーブルコイン。日本円とのペッグ通貨sJPYなど各国通貨に対応するステーブルコインを発行予定。

日本円に価値が固定されたステーブルコイン

現在、取引所に上場し広く流通している日本円ペッグ通貨はまだない状態です。ただ発表は数多く行われており主要のものだけでも以下があります。

MUFJコイン
早くから開発研究に着手しているMUFJコイン。発行されれば膨大なトランザクションが予想されることからまだ発行には至っていません。

デジタルトークン「Zen」
ブロックチェーン推進協会(BCCC)が2017年4月から実験を重ねている日本円ペッグ通貨。BCCCはブロックチェーン企業だけではなく金融企業も会員として参加しておりに発行準備が整えば普及が早いと予想されます。
BCCCデジタルトークン「Zen」公式発表

GMO Japanese YEN(GJY)
発行されれば上場されシェアを大きく伸ばすことが予想される日本円ペッグ通貨。
GMO公式発表

LCNEM
すでに発行されていますが主要取引所での上場がないことからまだ広く流通しているとは言えない日本円ペッグ通貨。
公式プレスリリース

Grandshores Blockchain Fund
中国企業Grandshores Blockchain Fundが2018年9月に日本円ペッグ通貨の発行を発表。2018年末か2019年初めの発行を予定しています。

Close Menu