【Steem Monsters】年末年始に遊びたいDAppsゲーム紹介(その3)

年末年始に遊びたいDAppsゲームその3は、海外のDAppsゲーム「Steem Monsters」です。Steem MonstersはEthereumプラットフォームではなく、Steemという分散型のメディアプラットフォームで作られているDAppsゲームです。

Steemとは
ソーシャルメディアプラットフォームであるSteemitが接続するブロックチェーンデータベース。仮想通貨としても流通しているが国内取引所での取り扱いは無い。
・Steemitとは
Steemブロックチェーンを使ったソーシャルメディア。ユーザーの投稿した記事、写真、動画等に対して報酬を与え収入を得る事を可能にしたサービス。

オーソドックスなカードバトルゲーム

Steem Monsterはオーソドックスなカードバトルゲームで、カードを買ってデッキを作り、他のユーザーと対戦をする、というのが主な流れです。カードは属性や能力、レベル等様々なパラメータがついていてカードの数も豊富です。

バトルは開始すると自動で進み、カードが残っている方が勝ちとなります。

バトルは自動で進んでいく

バトルの履歴は誰でも見ることが出来、リスト右側にある3つのアイコンの真ん中のボタンを押すと、そのバトルのリプレイを見ることができます。このゲームは飛び抜けて能力の高いカードを1つ持っているだけでは勝てず、相手の属性やキャラの相性だったり自分のデッキの組み合わせ次第で結果が変わって来ます。慣れるまではこの対戦のリプレイを見る事で、いろいろと参考になる部分があると思います。他のプレイヤーのバトルリプレイを見て、自分だけの最強デッキを作り上げるのもいいのでは無いでしょうか。

バトルの履歴、リプレイを見ることができる。

ログインするにはSteemアカウントが必要

Steem MonstersはEthereumのDAppsのように、メタマスクにログインしていれば遊べる、というわけではなく、「Steem」のアカウントを持っている必要があります。前述のSteemitにアカウントを持っている場合は、そのアカウントでログインすることも出来ます。

Steemitのアカウントでログインする事ができる。
アカウントを持っていない場合は、下のボタンから作成可能。

Steemitのアカウントを持っていない場合は、その場でアカウントを作る事も出来ますが、アカウント作成途中にカードのスターターパック購入画面が出てきて、支払い方法がクレジットカードか仮想通貨か選択する画面が出てきます。キャンセルボタンのない二択ですが、ESCキー等でキャンセルすることはできます。選択しない場合先に進むことは出来ません。なお、Steemitでアカウントを作成する場合、電話番号認証(SMS)があるので注意が必要です。

スターターパックは現在10ドルで販売されている模様

シンプルゆえにハマる?

キャラクターが3Dでバトルしてドカーン!…表現が乏しいですが、そんな派手な演出や動きがあるわけでは無く、やることはとてもシンプルなカードゲームです。ブロックチェーンでは無いパソコン・スマホ向けTCG(トレーディングカードゲーム)のような設定の細かさや派手さ等はありませんが、シンプルであるゆえにわかりやすく、カードの組み合わせを考えるのが結構楽しいので、気になる方は是非遊んでみて下さい。

Close Menu